悩み対策一覧

冷えは美容の大敵!冷え取りグッズを活用してキレイを持続!!

カラダが冷えるのは、良いことは1つもありません。 もちろん、猛暑の時に熱中症になりそうなのに、カラダを冷やさないなんてダメですが、通常の生活を送っている時は、冷えは大敵なんです。 とくに女性の体は、男性と比べて筋肉も少ないため、体温も低いので、冷えやすいので気をつけないといけません。 でも、なぜ体が冷えるとダメなのでしょうね。 ここでは、冷えが与える影響と冷えを効率よく取るための、冷え取りグッズをご紹介します。 体が冷えている人は太りやすい 男性に比べて筋肉量が少ない女性は、体温が低いので、寒がりの人が多いのです。 体温が1度上がるだけで、代謝が約14%もアップするので、冷え性で体温が低いと、それだけ消費されるエネルギーが少なくなります。

髪のうねりは年齢のせいだと諦めていませんか?地肌ケアで変わるかも

もともと髪にくせはなかったはずなのに、年齢を重ねるとキレイなストレートヘアにならなくて困っている大人の女性は多いですよね。 いわゆる「髪のうねり」によって、髪にくせが出たようになってしまうのです。 このうねりの原因から改善すれば、美しいストレートヘアを取り戻すことができるかも知れません。 若い世代の人でも、髪のうねりに悩まされるケースもあるので、どうして髪のうねりが発生するのか、原因を突き止めてみましょう。

くちびるにできるブツブツの原因はアミノ酸不足かも?口唇ヘルペス

口唇ヘルペスってご存知でしょうか。 くちびるやその周りに、小さなブツブツができて、それが水泡になって、治るまでジクジクしてしまうのです。 昔は「風邪の花」とか呼ばれたようですが、今はヘルペスウィルスが原因だと判明しています。 一度でも口唇ヘルペスになった人は、いつまたできるのか予測できません。 ヘルペスウィルスは、ずっと体内に潜んでいるからです。 口唇ヘルペスになってしまった場合は、有効な治療薬があるので、それで早く治すしかありません。ですが、できる前に予防できれば嬉しいですよね。

塗る手間ナシ!ベタベタもナシ!全身OK!飲む日焼け止めのパワー!

肌を老化させる原因は色々ありますが、80~90%を占めるのが、光老化だということがわかっています。 光を浴びることで、肌細胞がダメージを受け続けるので、肌はどんどん老化してしまうのですよ。 若い頃に紫外線対策をしなかった人と、きちんと対策していた人とでは、年齢を重ねるごとに肌のフケ具合に差が出てしまいます。 でも、日焼け止めクリームを塗る忘れることもあるし、何度も塗り直すのが面倒になってしまうことだってありますよね。 そういう方には、ぜひ飲む日焼け止めを試して欲しいです。 飲むだけで紫外線によるダメージから肌を守るので、今までの紫外線対策をもうワンランクアップさせたい人にもおすすめです。 どんな特徴があるのか、ご紹介しましょう。

口臭対策は歯磨きとマウスウォッシュで大丈夫?乳酸菌ケアに注目!

自分のお口のニオイに自信ありますか? そう質問されると、胸を張って「もちろんあります!」と答えられる人って少ないのではないでしょうか。 口臭の原因は1つではありませんし、生理現象として口臭が強くなることもあります。 だからこそ、口臭対策は念には念を入れたいですよね。 でも、歯磨きとマウスウォッシュだけで口臭対策は万全だと思っている人も少なくありません。 しかし、それだけでは十分とは言えません。 これからの口臭対策は、乳酸菌のパワーをかりましょう。

手汗の悩みは体質だと諦めていませんか?手汗対策を本気で考える!

手は汗をかきやすいパーツです。 「手に汗を握る」という慣用句もあるほどなので、手汗に悩んでいる人は少なくないようですね。 手の平から汗がボタボタと滴り落ちるほどの状態になるのは、手掌多汗症という病気と診断されるほどの症状です。 そこまでひどくなると、医療機関を受診しないと、改善できないと思います。 ここでは、少し人よりも手汗が多いかも?と人に言えない悩みを秘かに抱えている人に試して欲しいおすすめアイテムをご紹介したいと思います。

足のにおいが気になる女子に、おすすめ神アイテム発見!GRAN’S REMEDYグランズレメディ

私、実はすごく汗っかきなんです。女子なのに、冬でも汗をかいちゃうので恥ずかしくて…。ハンカチを常に持ち歩いていてもどうしようもない部分があるんですよね。それはズバリ「足の裏」!なんで冬なのに足の裏にまで汗かいちゃうの?別に多汗症ってわけではないはずなのに、家に帰ると脱いだ靴下がベッチャリ…。さらに困ってしまうのが、「におい」。お風呂でもきちんと洗ったり、角質パックをしてみたり、ミョウバン水を試してみたり…色々やっていても気づけば、またくさい!!これじゃ友達の家に行っても、恥ずかしくて上がれないよ〜。仕事をしていてもなんだかにおいが周りにまで届いてしまうんじゃないかとヒヤヒヤしていました。