リーチマイケル愛用!天然の抗菌作用でウイルスや細菌の感染から守るマヌカハニー!

リーチマイケル愛用!天然の抗菌作用でウイルスや細菌の感染から守るマヌカハニー!

マヌカハニーは、すっかり有名になったので、もうすでに愛用している人も多いでしょう。

聞いたことはあるけど、マヌカハニーについてまだよく知らないという方は、ぜひチェックしてください。

マヌカハニーとは?

マヌカハニーとは、南半球のニュージーランドで採取されるハチミツのことです。

マヌカという花の蜜から採取されたハチミツで、とても貴重で価値の高いものなんです。

ニュージーランドと言えば、世界でも有名なラグビーの強豪国です。

2015年のラグビーワールドカップから日本代表のキャプテンをしたリーチ・マイケル選手は、ニュージーランド出身なんですよね。

そのリーチ選手が、マヌカハニーのすばらしさを伝えるためのカフェをオープンしていたので、それが話題になって知った人もいます。

でも、なぜそんなにマヌカハニーが貴重なもので、価値が高いのでしょうか。

その理由は、マヌカハニーの高い抗菌作用にあります。

マヌカハニーは医療現場でも使われている

マヌカハニーは、ハチミツなので、普通に食べることもできますが、食べやすいハチミツに慣れていると、最初は驚きます。

少しクセがあるというか、濃厚な味がして、普通のハチミツとの違いを感じます。

マヌカハニーには、UMFという表示がありますが、その数値が大きければ大きいほど、高い抗菌力を持っています。

UMFの表示は、ニュージーランドのUMF協会が認定したことを示しているものです。

他にもMGOという表示のものがありますが、これは抗菌成分の名称の略で、ニュージーランドにあるマヌカハニーの会社の登録商標に数字をつけて、抗菌力をわかりやすくしています。

やはりMGOも数値が大きくなればなるほど、抗菌力が高いことを示しています。

日本国内でも、一部の医療機関では、手術後の抗菌のためにマヌカハニーを使うこともあるほど、高い抗菌力が注目されています。

マヌカハニーの選び方のポイント

マヌカハニーは、健康維持のために少しずつ食べるだけでも、風邪予防や免疫力のサポートに役立ちます。

具体的にマヌカハニーを選ぶ時には、目的に応じてUMF(MGO)の数値を見て選びましょう。

UMF10+(MGO263+)以下のものは、マヌカハニーの味を試してみたい初心者の方におすすめです。

しかし、UMF10+(MGO263+)以上のものじゃないと、マヌカハニーの抗菌作用は期待できるレベルではないのです。

UMF10+(MGO263+)からスタートして、徐々にマヌカハニーの味に慣れて数値の大きなものに変えていくと良いでしょう。


UMF10+(MGO263+)でも、クセが強くてそのまま食べにくいという方でも、コーヒーや紅茶などに溶かせば飲みやすいと思います。

トーストやパンケーキに塗ったりしても良いですよ。
ほんの少量でも効果はあるので、少しずつ味に慣れていきましょう。

マヌカハニーの数値と価格は比例する

マヌカハニーは、口内炎ができた時に塗ったりすると、あっという間に治ることもあります。

ニキビに塗ったり、ケガした時に塗ると、細菌による化膿や悪化を防ぐこともできます。

食べるだけじゃなく、外用として使えるのもマヌカハニーのスゴイところです。

ただ、マヌカハニーは普通のハチミツに比べて、とても価格が高いです。

UMFの数値が大きくなれば、価格もそれに比例します。
小さなビンに入ったマヌカハニーが1万円以上することもあります。
それほど価値にあるものなので、その価値を理解できないと、簡単に買う気になれないと思います。

まずはUMF10+(MGO263+)の手ごろな価格のマヌカハニーからはじめてみて、その価値を実感できてから、効果の高いものも検討してみてはいかがでしょう。

まとめ

マヌカハニーは医療現場でも使われるほどのハチミツですが、ボツリヌス菌はあるので、普通のハチミツと同様に、1歳未満の赤ちゃんには与えないように気をつけてください。

大人でも子供でも、初めてマヌカハニーを試す時は、少量を舐める程度から徐々に様子を見ながら、量を調整してくださいね。

今回ご紹介したのは



詳細はこちら↓↓↓↓↓
マヌカハニー UMF10+ 250g 【初回限定】【お試し】【送料無料】 マヌカ はちみつ ハチミツ 蜂蜜 生はちみつ 100% 純粋 ニュージーランド UMF 10 10+ ;

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする