冷えは美容の大敵!冷え取りグッズを活用してキレイを持続!!

冷えは美容の大敵!冷え取りグッズを活用してキレイを持続!!

カラダが冷えるのは、良いことは1つもありません。

もちろん、猛暑の時に熱中症になりそうなのに、カラダを冷やさないなんてダメですが、通常の生活を送っている時は、冷えは大敵なんです。

とくに女性の体は、男性と比べて筋肉も少ないため、体温も低いので、冷えやすいので気をつけないといけません。

石原結實式体温を上げて病気を治す 完全図説版

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

石原結實式体温を上げて病気を治す 完全図説版 (宝島社文庫) [ 石原結實 ]
価格:565円(税込、送料無料) (2019/9/25時点)

楽天で購入

でも、なぜ体が冷えるとダメなのでしょう??

ここでは、冷えが与える影響と冷えを効率よく取るための、冷え取りグッズをご紹介します。

体が冷えている人は太りやすい

男性に比べて筋肉量が少ない女性は、体温が低いので、寒がりの人が多いのです。

体温が1度上がるだけで、代謝が約14%もアップするので、冷え性で体温が低いと、それだけ消費されるエネルギーが少なくなります。

太りやすい体質は、冷えにも関係があるのですよ。

体が冷えている人は眠りが浅い

体が冷えていると、寝つきが悪いものです。
手足が冷たくなる末端冷え性の人は、布団の中に入ってもなかなか足先が温まらないのではないでしょうか。

そもそも、自然な眠りに入るためには、体温が下降しないといけません。

体温が下がると、眠気を起こす副交感神経が優位になるからです。

しかし、冷え性の人は体温が上がりにくいので、体温を下げて眠気を起こすことが苦手です。

だから寝つきが悪くなってしまい、睡眠の質も良くないのです。

寝つきの悪い人は、眠る2時間ほど前に、ゆっくりと入浴して体温を上昇させ、眠りたいくらいの時間に体温が自然に下降するようにタイムスケジュールを組むと良いですよ。

体が冷えて人は病気しやすい

冷え性で体温が常に低いと、病気になりやすいと言われています。

体の中には、病気を防ぐための免疫機能があります。
免疫力は体温が低いと弱まってしまうので、体温は高めに維持していた方が病気になりにくいのです。

冷えを防ぐために役立つ冷え取りグッズとは??

体の冷えを取るための、冷え取りグッズには、冷え取り靴下や冷え取りレッグウォーマー、腹巻、ネックウォーマーなどがあります。

夏でも冷房で体が冷えてしまうと、病気になりやすいので、夏でも使える冷え取りグッズとして、腹巻を使っている女性が増えています。

お腹を温めるのは、冷え対策としてはとても有効です。
何しろ、お腹にはいくつもの内臓が集中していますから、多くの血液が集まります。

ですから、お腹を腹巻で温めれば、手足を覆わなくても冷えを防ぐこともできるのですよ。

冷え取りレッグウォーマーやネックウォーマーは、太い血管が通っている部位を温めることで、全身に流れる血液を温められるので、腹巻と同じく有効な冷え取りグッズです。

ランキング1位獲得!レビュー8000件超!健康足首ウォーマー【レッグウォーマー 足首 ウォーマー 冷え 冷え取り 冷えとり シルク 足首丈 日本製】

夏はさすがに外出時に着用できないと思いますが、冬の寒さ対策には、首、手首、足首の3つの首を温めると厚着をしなくても身体を冷やしにくいのですよ。

そして、足が冷えやすい女性は夏でも靴下を履いて寝ている人もいます。

それほど足先が冷えてしまう人には、冷え取り靴下がおすすめです。

冷え取り靴下は、靴下を重ねて履くことで、足先から温める方法です。

ただし、普通の靴下を重ねてしまうと、足首がゴムで圧迫されてしまい、逆に血流が悪くなってしまいます。

冷え取り靴下は、シルクの5本指ソックスと綿の先丸ソックスを重ねて履きます。

足首を圧迫しない構造になっているので、足先までポカポカになります。

冷え取り靴下は、4枚重ねすると効果的ですが、いきなり4枚重ねると少し圧迫感があるので、2枚重ねからスタートすると良いでしょう。

冷え取り靴下は、外出している時は無理なので、家の中だけでしか使えませんが、1年を通して冷え取り靴下を使うようになると、冷え性が改善されるので、試してみてはいかがでしょう。


詳細はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【送料無料】ランキング1位獲得!レビュー8000件超!健康足首ウォーマー【レッグウォーマー 足首 ウォーマー 冷え 冷え取り 冷えとり シルク 足首丈 日本製】



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする