赤ちゃんの熱中症対策!おすすめ冷感グッズ!

赤ちゃんの熱中症対策!おすすめ冷感グッズ!

最近蒸し暑い日が増えて、夏が近づいてきましたね。
私は生後6ヶ月の息子を抱っこ紐に入れてお散歩に行くのが日課です。
しかし最近昼間は暑すぎて外に出れず、午前中か日が落ちかけた夕方に散歩に行くのですが、それでも息子と抱っこ紐でくっついていると2人とも蒸し蒸しで汗びっしょり。
赤ちゃんは体温高いですもんね。
今でさえこんな感じなのに、真夏はどうしたらいいんだろう…と思い、抱っこ紐に使える冷感グッズを調べてみました!

保冷シート

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベビーホッパー 保冷 保温 ポーチ ダブル ベビーカー 抱っこひも
価格:2052円(税込、送料別) (2019/9/11時点)

楽天で購入

専用ポーチの中にジェルパックを入れて、赤ちゃんの背中部分に取り付けるものです。

ジェルパックは冷凍庫に入れ冷やすのですが、普通の保冷剤のようにカチコチにならず柔らかい感触です。
赤ちゃんの背中付近を25℃前後に約3時間保ってくれるそうです。
抱っこ紐だけでなく、専用ポーチについている紐を結ぶことでベビーカーに固定し使うこともできます。
また、こちらのジェルパックはレンジで温めることで冬には保温シートとしても使うことができるそうです!
一石二鳥で、暑い時期も寒い時期も使える優れものですね。

汗取りパッド

こちらも保冷シート同様、赤ちゃんの背中部分に取り付けるものです。
パッドの隅についているテープにはスナップボタンがついており、こちらを抱っこ紐の肩ストラップ部分につければ完了です。
とっても簡単に装着することができます。
保冷シートと違うのは中にジェルパックを入れるというものではなく、パッド自体が通気性抜群の3Dメッシュ生地になっており、熱を外に逃がしてくれる、という商品です。
通気性、吸水速乾の2つの優れた機能で赤ちゃんの背中の蒸れを解消してくれるんです。
保冷シートのように冷たくはないですが、ジェルパックを冷凍庫に入れ忘れた!などのトラブルは避けられそうですね。

他にもこんなのもあります。

クールUVカットケープ

真夏の暑い日差し、赤ちゃんに当たるのは避けたいですよね。
そんな時はケープを抱っこ紐に取り付けましょう。
こちらは紫外線カット率95%の紫外線対策に最適なUV遮断ケープです。
ケープをかけると暑そうにも見えますが、こちらは特殊な生地を使っており、体感温度が3℃下げてくれるようです。
また吸水速乾機能もあり、ケープ内で蒸れてしまった空気を吸収し、乾きやすくなっています。
装着はクリップ1つでとても簡単です。
抱っこ紐だけではなく、ベビーカーに取り付けることも可能です。
足元までしっかり覆える長さになっており、紫外線や暑さ対策だけではなく、室内のエアコンの冷えからも守ってくれる優れものです。

これからどんどん気温も上がり、熱中症などの心配も出てきます。
夏が来る前にお子さんとお母さんにピッタリの冷感グッズを試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする