40代以降でも効率よく痩せるダイエット法とは?

【40代以降でも効率よく痩せるダイエット法とは?】

太り気味なのは分かっていても、以前のようには
痩せない、お腹についた脂肪が気になりつつ、
ダイエットをしても痩せない…。
その理由は年齢のせいだけではないようですよ!

今回は、そんなお悩みの方のために、健康的な
体型を保てる効率的なダイエットのポイントを
ご紹介いたします。

<何故?思い通りの減量ができないの?>

減量には、食べる量を減らせば以前は簡単に
ダイエット出来たものが近頃はどうしてか
同じ考え方ではあまり効果が見られない…
そんな経験がありませんか?
ダイエットに頑張っているのに、思っていたほどの減量が出来なくなったのは、基礎代謝の低下が原因のひとつです。
基礎代謝というのは、呼吸だけでも消費するエネルギーで健康的な身体作りには、欠かせることができません。

そして、もうひとつの原因は、肥満遺伝子です。
ヒトの遺伝子の半数が肥満に関係する遺伝子と言われ、肥満遺伝子が関係した肥満は、7割くらいと考えられています。
これは、生活習慣による肥満と同じである
ことから、見逃せない要因です。

日本人に多い肥満遺伝子型は、3タイプに分けることができます。

お腹がぽっこり出るタイプの「りんご型」、

下半身に脂肪が付着しやすい「洋ナシ型」、

1度太ると痩せにくい「バナナ型」

若いころは、基礎代謝が高くて食事制限だけで簡単にダイエットできた方も加齢とともに基礎代謝低下と肥満遺伝子の影響で、努力量に比例した結果がでないのは、この原因によります。

<タイプ別に対策を考えると>

「りんご型」は、お腹の臓器を覆う部分に
脂肪が付く内蔵脂肪型肥満で糖質で太りやすいタイプですから、糖質の代謝が苦手で、なかなかダイエット効果もでにくく、リバウンドも早いのが特徴です。
対策としては、キャベツダイエット、低炭水化物ダイエットをおすすめします。是非摂りたい成分は、α-リポ酸を含むブロッコリー、トマトコエンザイムQ10を含むイワシ、サバなどビタミンB1を含む大豆そして食物繊維が多い根菜や海草をおすすめします。

「洋ナシ型」は、下腹部、お尻など下半身が太い皮下脂肪型肥満で、脂質で太りやすい脂質の代謝が苦手で身体も冷えやすいのが特徴です。対策としては、野菜スープダイエット、フルーツダイエットおすすめ
します。是非摂りたい成分は、赤身肉に
含むカルニチン、トウガラシに含むカプ
サイシン、ショウガに含むショウガオール
などおすすめします。

「バナナ型」は、筋肉不足で太りやすい
タイプです。タンパク質不足で筋肉もつき
にくくて、加齢による基礎代謝量が低下
状態のために、1度太ると痩せにくいのが
特徴です。対策としては、プロテインダイエット、ヨーグルトダイエットをおすすめします。摂りたい成分は、オルニチンを
含むシジミ、アルギニンを含む鰹節や大豆などビタミンB6を含むバナナをおすすめします。

遺伝子検査キット【GeneLife Genesis2.0(ジーンライフ ジェネシス2.0)】遺伝子 検査キット/自宅でできる遺伝子検査( DNA検査 )

遺伝子検査キットについてはこちら!

まとめ

いかがでしょうか
肥満遺伝子型のタイプによって、肥満の原因や対策も異なりますので、中年以降のダイエットはご自身の肥満タイプを知ることが大切であると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする