たるみの曲がり角を乗り越えるには?

たるみの曲がり角を乗り越えるには?

皆さんは、加齢とともにたるみは仕方ないと
諦めていませんか?

たるみが見られるのは、肌の老化だけのもの
ではありません。体内でもさまざまな変化が
起きています。

年代ことに変化を身体のサインとして、いち
早く対処することで未来に訪れるたるみを
未然に防ぐことも可能になります。

<たるみの運命を変えるべきすべきコレとは>

どなたも老いは、宿命なのは分かりますが、
しかし、その宿命だって努力で変えることだって
可能です。

それは、貴女が毎日鏡を見る時に感じるサインを
見逃さないことにあります。

たとえ小さな変化であったとしても、見逃しは
禁物なんですね。

若いころは、すぐに回復した肌も加齢で肌力が
落ち始めると、思わぬ落とし穴にはまってしまい
ます。

そこで、今回は生活習慣とスキンケアに注目して
たるみを食い止めるポイントをご紹介いたします。

<スキンケア編>

・保湿
顔のたるみケアには、しっかり保湿が重要です。
肌のハリやうるおいをキープするコラーゲンや
ヒアルロン酸は、欠かすことのできない成分です。

・UVケア
肌老化の8割は光老化と言われるほど、紫外線
は、肌にダメージを与えます。日焼け止めは
1年中塗るのはもちろん、ファンデーションを
重ね塗りすると効果も倍増です。

・浸透
高価な化粧品でも肌に浸透しないと、その効果は
半減してしまいます。毎日の洗顔と時には、溜まっ
た古い角質をピーリングオフしたりで、肌のすみずみ
までうるおいで満たす。

・マッサージ
加齢による影響がある肌には、保湿しながらのマッ
サージが大切です。皮膚に溜まっは老廃物をスッキリ
できます。

・ビタミンC
肌のハリや弾力を与えるコラーゲンを合成する
線維芽細胞は、ビタミンCが不足すると機能が
低下、毛穴の開きやたるみの原因になります。
肌に浸透しやすいものをおすすめします。

<生活習慣編>

・睡眠
肌に受けたダメージ修復には、睡眠が重要と
言われます。睡眠不足による新陳代謝の低下は
たるみの原因になることはもちろん、肌の再生力
に大切な成長ホルモン分泌への影響もあるため
質の良い睡眠が必要です。

・ストレス
ストレスでの心身への負荷は、血管を縮め、
免疫機能や、自律神経、ホルモンバランスの乱
れの原因となり、ストレスは美肌に大敵であると
考えておきましょう。

・食事
ビタミンやミネラルそしてタンパク質などの
バランスのよい食事は大切で、肌を考えた場合、
コラーゲンや大豆イソフラボンはおすすめです。

まとめ

いかがでしょうか
30代後半から少しずつ現れる顔のたるみ、日々の
小さな変化を見逃さず、きちんとしたケアで食い止
めることは可能です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする