目元に悩んでる方必見!目元とまつ毛のご褒美を使ってみた感想と評価。

目元に悩んでる方必見!目元とまつ毛のご褒美を使ってみた感想と評価。

皆さんは目元の悩みはありますか?
おそらく全く悩みがないという方はあまりいないと思います!

まつ毛が薄かったり、理想の二重ではなかったり、クマが気になるなど悩みは人それぞれですよね。

今回紹介する「目元とまつ毛のご褒美」はそんな悩みを一気に解決してくれるアイテムです。

私も実際に毎日使っているもので最近効果が出てきたかも!と思ったので使い心地なども一緒にお伝えしていこうと思います。

目元とまつ毛のご褒美とは?

TREE 目元とまつ毛のご褒美/15g 【目元・まつ毛の悩みに】アイクリーム まつ毛美容液

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TREE 目元とまつ毛のご褒美/15g 【目元・まつ毛の悩みに】アイクリーム まつ毛美容液
価格:3996円(税込、送料無料) (2019/6/15時点)

楽天で購入

TREEさんから販売している目元の美容液です。

@COSMEのアイケア、アイクリーム部門でクチコミランキング1位になったり、楽天でも3部門で1位になったりしています。これは発売されてから2か月で達成したそうです!すごいですね!まだ発売されてから2年ちょっとしか経っていないのに実績のある美容液になります。

目元とまつ毛のご褒美の効果

目元とまつ毛のご褒美は凝りの緩和と保湿にフォーカスしている商品です。

主に5つの結論を出しており
1、 血液循環の改善
2、 リッチな潤いを提供
3、 美容成分をしっかりデリバリー
4、 超保湿ですべてを閉じ込める
5、 新発想まつ育

があります。

1、血液循環の改善
まずは凝り固まった目元の血液循環をしっかりほぐすことを大事にしています。マッサージしながら塗ることで血流促進し筋肉を優しくほぐします。パッションフルーツ由来のクダモノトケイソウ果実エキスと柑橘系のグルコシルへスぺリジンが入っていてこれが目元のめぐりを改善してくれます。

2、リッチな潤いを提供
ほぐれた目元にこだわり抜いた潤いを与え、大人の目元悩みをピンポイントケアします。土壌となる目元をほぐし潤いを与えます。従来のビタミンCを凌駕したビタミンC誘導体を配合しているので従来の100倍もの浸透力で目元の奥まで届きます。

3、 美容成分をしっかりデリバリー
目元本来の美しさを引き出す、4つの高品質の美容成分をリッチに配合しています。
プラセンタエキス
酵母エキス
ヘリクリスムストエカスエキス
ビフィズス菌培養溶解質
これによりふっくらしたまぶた、すっきりした目元に導き若々しい印象になります。

4、 超保湿ですべてを閉じ込める
2段階の保湿アプローチで翌朝までしっとりをキープします。
目元には「浸透する保湿」と「持続、安定する保湿」が必要です。
保湿成分として6種類が配合されています。
トリニティヒアルロン酸
トリプルコラーゲン
コラーゲンプロテクタ
メープルウォーター
水溶性プロテオグリカン
イデアリフト

5、 新発想まつ育
まぶただけでなくまつ毛に良い2つの美容成分
アセチルテトラペプチド
アカツメクサ花エキスが入っているのでまつ育も同時にかなえてくれます。

目元とまつ毛のご褒美を実際に使ってみました!


使い方はとても簡単で、朝晩のスキンケア後の目元に塗ります。

1回の量は米粒大くらいの量をとり、目元の周りを円を描くようになじませていきます。
まぶたの皮膚はとても薄いので優しくマッサージしましょう。特に下まぶたはクマの原因になるので注意してください。とにかく優しくなじませていきましょう。

ちなみに私は朝忘れがちなので、ほぼ夜しか塗っていません。。
なので1本がすごい長持ちしていますし、朝塗っていない分効果が出るのが遅くなってしまいましたが、3か月くらいで効果が出てきたように思います。

使っていて一番変わったなと思うのは二重がくっきりしたことです。
もともと一重だったのですが毎日塗るうちにメイクもしやすくなってきて、もしかしたら効果がでてきたのかもと嬉しくなりました。むくみをとれる効果も実感できます。

もちろんまつ毛も塗ったあとの方がいつもよりまつ毛がイキイキしていて、ビューラーしてもまつ毛が抜けにくくなりました。マスカラもがっつり塗れるのでメイクが楽しいです。

まとめ

まさに一石三鳥くらいの美容液なので使ってみて損はないアイテムだと思います。
@COSMEでも星5評価がついているのでぜひ試してみてください。


詳細はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
TREE 目元とまつ毛のご褒美/15g 【目元・まつ毛の悩みに】アイクリーム まつ毛美容液

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする