使いやすい赤ちゃん用ミルクはどっち!? ~私が実際に使用した固形ミルクと粉ミルクを比較した感想~

使いやすい赤ちゃん用ミルクはどっち!?
~私が実際に使用した固形ミルクと粉ミルクを比較した感想~

こんにちは、現在生後7ヶ月の息子を完ミで育てている新米ママです。

現在では、赤ちゃんのミルクの種類も
『固形ミルク』『粉ミルク』『そのまま飲めるミルク』など、多種多様になってきて実際どれが1番良いのか迷う所ですよね。

大半の方が出産した産院で使われていたミルクを使用しているのではないかと思います。

そこで今回は、まだ一種類のミルクしか使った事がない方へ向けて、私が実際に使ってみた感想をお話していきたいと思います。

まず初めに、

『固形ミルク』について

お話していきます。

私が出産した産院では、固形ミルクを使用していました。
なので私は退院してお家に帰った後、息子が生後3ヶ月ぐらいまではこちらの固形ミルクを使用していました。

送料無料★明治)ほほえみらくらくキューブ (27g×48袋入)+おまけ付【粉ミルク】[ほほえみ 粉 ミルク らくらくキューブ キューブ 小分け ベビーミルク 赤ちゃん まとめ買い]

◎ここで私のおすすめポイント◎

↓↓↓

① 持ち運びに便利!!

② 個別包装なので開封しなければ長期保存が可能。

③ 計量する必要がないので、かなり楽。

④ どれだけ入れたかが一目でわかる。

⑤ 袋は手で切れるようになっているのでハサミ不要。

私は以上の点が、おすすめできると思いました。

しかし、良いところだけではなく残念なポイントもありました。

△ここで私が思った残念ポイント△

↓↓↓

① ゴミが大量に出る。

② 固形なので溶けにくい。

③ 単価が高い。

私は以上の点が、残念だと思いました。

まず、完ミである私には固形ミルクは不向きかなと思いました。

確かに楽ではあるし、出来れば私も固形ミルクを使用したいですが、これを仮に今息子に使ったとしたら毎日1回240cc×5回分飲むので、そうなると相当な量のゴミが出ます…。
そして、きっと毎月のミルク代も相当かかってしまいます。

なのでこちらの固形ミルクは、混合の方やまだ飲む量が少ない新生児の子におすすめです。
また、お出かけの際持ち運びにとても便利なので、お出かけ用に購入しても良いかと思います。

固形ミルクは個別包装なので長期保存が可能ですし、1袋開けたとしても1週間もちます。
ぜひ、粉ミルクを使い切れない方や、固形ミルクが気になっている方は試してみるのも良いと思います。

そして次に

『粉ミルク』について

お話ししていきます。

私は息子が生後3ヶ月になった頃からミルクを飲む量が増えてきて、先程お話したように、ゴミや値段の点からこちらの粉ミルクを使いはじめました。

明治ほほえみ(800g*2)【rdkai_03】【明治ほほえみ】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明治ほほえみ(800g*2)【rdkai_03】【明治ほほえみ】
価格:4493円(税込、送料別) (2019/6/8時点)

楽天で購入

◎ここで私のおすすめポイント◎

↓↓↓
① 値段が安い。

② 固形ミルクに比べてゴミが缶1個のみ。

③ 固形ミルクよりも溶けやすい。

私は以上の点が、おすすめ出来ると思いました。

しかし、やはり粉ミルクにも良いところだけではなく残念な点がありました。

△私が残念だと思ったポイント△

↓↓↓

① 1回開封したら1ヶ月以内に使い切らなければならない。
② ミルクを飲む量が多くなってくると計るのがめんどくさい。
③ 粉ミルクがこぼれる。
④ 持ち運びに不便で専用の容器を買う必要がある。

私は、以上の点が残念だと思いました。

しかし、残念な点はあっても完ミの息子には、やはり粉ミルクの方が合っているのかなと思います。

だいたい1ヶ月で2缶分は消費するので、開封後1ヶ月の期限も全く問題ないですし、固形ミルクに比べるとお値段的にもお得なので、

若干のめんどくささはありますが、完ミの方や、最近飲む量が増えた子におすすめ出来ると思います。

最後に、

『液体ミルク』について

お話していきます。

私は実際にまだ液体ミルクは使用したことないですが、
災害がおきた時などお湯がなくてもそのまま飲むことが出来るので買って常備しとこうかと検討しています。

私が気になっている、液体ミルクがこちらです。

グリコ GLICO アイクレオ赤ちゃんミルク125ml〔液体ミルク〕

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グリコ GLICO アイクレオ赤ちゃんミルク125ml〔液体ミルク〕
価格:216円(税込、送料別) (2019/6/8時点)

楽天で購入

やはりお値段的には高くなりますが、

もしもの備えはしておいても損はないと思うので、こちらのミルクは乳児がいるご家庭にはおすすめだと思います。

まとめ

『固体ミルク』、『液体ミルク』どちらもメリット、デメリットはありますが、

お子様にあった物、またお母さん自身が使いやすい物を選ぶのが1番かと思います。

また、使用用途や、飲む量によって買い替えてみるのも良いと思います。
少しでも子育てママのお役にたてれば幸いです。


詳細はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
★送料無料★明治)ほほえみらくらくキューブ (27g×48袋入)+おまけ付【粉ミルク】[ほほえみ 粉 ミルク らくらくキューブ キューブ 小分け ベビーミルク 赤ちゃん まとめ買い]


詳細はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
明治ほほえみ(800g*2)【rdkai_03】【明治ほほえみ】


詳細はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
グリコ GLICO アイクレオ赤ちゃんミルク125ml〔液体ミルク〕

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする